クレンジングで肌荒れする方へ|界面活性剤の影響の可能性があります

こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。

私は「ご機嫌よく暮らす」ために努力を惜しまないタイプです。

心地よい日々にもご機嫌よく暮らすことが大切だと思っています。これは人付き合いはもちろんのこと、日々使用するお化粧品も影響してきます。

特にスキンケアは結果が日々目に見えてくるので、日常の活力になっていきますよね。

今日は、そのスキンケアの中で最も大切だと思っているクレンジングについての記事を書かせて頂きます。

 

クレンジングで肌荒れする理由

なぜクレンジングが必要なのか考えましょう。

クレンジングはメークをされる方にとっては毎日の日課で、スキンケアにとって重要な項目です。

化粧を落とさずに睡眠をしてしまうと、化粧が毛穴を閉じ込めてしまい肌を傷つける原因になります。

それではなぜお化粧を落とすのにクレンジング剤が必要なのでしょうか?

メーク用品の多くは油性だからです。

油性ペンが手についてしまった時も水だけでは落とせず大変ですよね。クレンジング剤を使用することで油性の化粧品を落としやすくしています。

それではなぜクレンジング剤でお化粧が落ちやすくなるのでしょうか?

クレンジング剤に含まれる界面活性剤が関係しています。

 

界面活性剤の役目は「油と水の橋渡し」

油性成分を落とすために使うクレンジング剤も、考えて選ばなければ逆に肌を傷つけてしまうことになります。その大きな原因にはクレンジング剤に含まれる界面活性剤にあります。

メークアップ料は油性でできていることが多く、落とすときはこの油を浮かす必要があります。

メークの油を浮かすためには油分が必要になってきます。そして浮いた油分と洗い流す水を、界面活性剤の力で乳化させることで一気に水で流せるのです。

 

油分を乳化させすぎて肌を傷つける

これまでの説明だと、界面活性剤が多ければいいんじゃないの?と思われてしまうかもしれません。

これは間違いです。

油を洗浄する能力があるだけに、必要な皮脂も落としてしまうのです。肌は皮脂で保湿して守っているため必要なのです。

そのため、成分をよく見ずに洗浄力だけでクレンジング剤を選んでしまい、界面活性剤が強いものを選んでしまっている⇨お肌のトラブルへと繋がっているケースを、たくさん見てまいりました。

また、クレンジングを変えるだけで皮膚トラブルが軽減されたケースも多々経験しております。

 

クレンジングのタイプ別・お肌への負担

それではクレンジングの種類とお肌への刺激をざっとご紹介します。もちろんメーカーにより、成分により異なりますのでご参考までに。

 

ミセスパイナポーおすすめのクレンジング

私のライフパートナー・ライフレゾナンスが出している「クレンジングバーム」をご紹介したいと思います。

ライフレゾナンス「クレンジングバーム」

クレンジングバーム 100ml

手に取るとミルクですが、肌に伸ばすともっちりとなじみます。人肌程度のお湯39度くらいで汚れを乳化させるため、お肌への負担は少ないクレンジング剤です。

メークを落としつつ必要な皮脂を残し肌を整えてくれる一品。

クレンジングの際は、お肌に薄く延ばしてお湯を手に取りくるくると優しく乳化させ優しくマッサージしながら汚れを落としましょう。

殺菌効果にも優れたレモンセントティートリーの優しい香りもとても健やかな気持ちにさせてくれます。

お肌に優しいクレンジングで、界面活性剤として非常に刺激の少ないといわれている、砂糖大根から抽出される天然の洗浄成分を使っています。合成の洗浄物質は使用しておりません

自分に合ったクレンジングに出会えていない方は、ぜひご検討くださいませ。

ショップでも取り扱っています。

 

※成分
・レモンセントティートゥリーとサンダルウッドの有機栽培エッセンシャルオイルにバイオインフォメーションをインプット。
・純粋な植物オイルおよびバター:  モリンガシードオイル、スイートアーモンドオイル、シアバター
・有機栽培植物エキス: エーデルワイス、ヒソップ、パパイヤ、カレンデュラ、ルイボス、クイーンオブザナイトカクタス、 ザクロ。これらのエキスは肌の健康維持、洗浄および炎症からの保護を助けます。
※肌に刺激的な合成洗浄物質は使用していません。

 

 

 

さいごに

クレンジングをどう選択するかがお肌の健やかさのを握っています。一番大切なアイテムと思っています。ぴったりのお化粧品に出会えることを心より祈っております。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA