背中や胸の肌荒れにお悩みの方へ|日常生活で3つのポイントを見直すと良いかもしれません

こんばんは。ミセスパイナポーのスキンケアルームです。

前回フェイシャルケアについて、保湿ケアは化粧水だけで充分とは限らないですよというお話をさせて頂きました。

保湿ケア=化粧水はNG!美容液などが持つ保水力が大切です

今回は多くの方が夏に悩まれる背中・胸の肌荒れ防止についてのアドバイスを書かせて頂きます。

背中や胸は顔の次に皮脂腺が多いと言われおり、ニキビなどの皮脂詰まりによる肌荒れが起きやすい部位です。色々と悩まれている方の一助となれば…と思っています。

3分で読み終える記事にすべく、3つの見直すべきポイントを簡潔に記載しますのでよろしければ最後までお付き合いください。

見直しポイント①|食事・睡眠など生活環境

3つの中で最も重要かもしれません。

前回も書かせて頂きましたが、美容は日々の生活の、
・お食事
・睡眠
などが大きく関わってきます。身体の内部から出る美容クリームは75〜80%程度で、外からのお化粧品による力は20%前後ではないかなと思っております。誰しもが真似をしてお化粧品を使ったからといって、すぐに美しくなるとは限らないのです。

特に睡眠は最も大切です。眠っている間にターンオーバーといい肌を生まれ変わって綺麗になっていくのです。良い睡眠ができていないと、ホルモンバランスが崩れてしまい肌が生まれ変わらず荒れてしまう原因になります。

 

 

見直しポイント②|しっかり洗い流せているか?

日々の入浴でシャンプーやトリートメント、ボディソープがしっかりと洗い流せておらず肌荒れしている可能性があります。

特に髪の長い方は毛先にトリートメントが残ったままで、それが背中についてしまい肌荒れに繋がっていることがございます。

これはシンプルですぐに見直せる内容になりますので、今日の入浴から意識してみてみると良いかと思います。

 

 

見直しポイント③|ボディソープの界面活性剤

界面活性剤とは、油汚れを乳化させることができ、クレンジング・洗顔・ボディソープなどには必ず入っている成分です。

油を洗浄する能力があるだけに、必要な皮脂も落としてしまうためボディソープとの相性によっては肌荒れの原因になる可能性がございます。

洗浄力が高ければそれだけ界面活性剤が多く含まれている可能性がありますので、日々使用しているボディソープを見直してみるのも良いかと思います。

クレンジング剤について書かせて頂いた記事で「界面活性剤」について詳しく記載していますので、ご参考までにリンクを貼っておきます。

クレンジングで肌荒れする方へ|界面活性剤の影響の可能性があります

 

さいごに

健やかな生活にはストレスのない日々がいいですよね。お肌が荒れてしまうとどうしても気分が落ち込んでしまいます。

今回書かせて頂いたポイントは簡単に実践できる内容ですので、皆様の充実した人生の一助になればと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA